★書籍商品の購入に関するご注意

コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


<内容>
ベール周辺の寛容をめぐる政治・神学論争を集成する本書下巻には、ジュリュー、ジャクロ、フィリポ、ソーラン、バルベラックらの文書を収める。巻末にはこれら著者・思想家たちの人物紹介に加え、フランク・ピュオーによる解説書『十七世紀における「寛容」のフランス人先駆者たち』を併録し、ひとつの時代の思想的全体像を浮かび上がらせる。訳者のライフワーク、十七世紀思想史の到達点。
<収録曲>
  1. ピエール・ジュリュー―ソッツィーニ主義一覧
  2. イザーク・ジャクロ―『ソッツィーニ主義一覧』についての意見(一六九〇年)
  3. ジャック・フィリポ―寛容の正しい限界
  4. エリ・ソーラン―良心の権利についての考察
  5. ジャン・バルベラック(プーフェンドルフ『自然法・万民法』の仏訳に付した「訳者序文」―抄(一七〇六年)
  6. 『教父道徳論』―抄(一七二八年))
  7. 解説 フランク・ピュオー―『十七世紀における「寛容」のフランス人先駆者たち』(一八八一年)
<商品詳細>
商品番号:NEOBK-1628746
メディア:本/雑誌
発売日:2014/02
JAN:9784588120305
ようこそ、ゲスト さん
ピエール・ベール関連資料集 2〔下〕[本/雑誌] (単行本・ムック) / 野沢協/編訳

人気新品 2〔下〕[本/雑誌] ピエール・ベール関連資料集 (単行本・ムック) 野沢協/編訳 /-その他